心の火
「三毒」を修めよ

◯本年(令和3年)のあきば大祭について

本年のあきば大祭(12月4日)は、コロナ禍をふまえ、
時間を短縮して、「ご祈祷」「火渡り」をご修行いたします(令和3年10月現在)。

※緊急事態宣言などの状況によっては、一般の参加を中止する場合もありますので、予めご了承ください。

◯ご祈祷(特別祈願法要)について

ご祈祷は事前予約制です。以下のURLよりお申し込みください。

【ご祈祷事前申し込み】https://store.busshin.or.jp/products/2021gokitou

13時/14時/15時の3回ご祈祷を行います。それぞれ人数に達し次第締め切りとさせて頂きます。
また、当日参加は難しいけれど、あきば大祭のおふだを求めたい。という方は、以下よりお申し込みください。

【当日不参加(おふだのみ希望)】https://store.busshin.or.jp/products/202100

◯火渡りについて

火渡り神事は17時ごろから行いますが、まずはご祈祷を受けられた方を優先し、その後、一般の順に渡って頂きます。

人数が多数になった場合、密になる可能性があります。できる限りの対処はしますが、100%感染を防ぐ保証はできませんので、その可能性も踏まえた上で、それぞれの判断でお越しください。

また、体調の悪い方、体温が37度以上ある方はあらかじめご遠慮ください。

18時まで約1時間の火渡り神事です。それ以降は火渡りができませんので予めご了承ください。

◯祈願大提灯、祈願旗の奉納(名入れ)について

以下より、奉納を受け付けております。

【大提灯の奉納】https://store.busshin.or.jp/products/2021cyochin

【祈願旗の奉納】https://store.busshin.or.jp/products/2021kiganbata

以上、よろしくお願い致します。

福厳寺あきば大祭事務局

あきば大祭の伝統と教え

「三毒」とは人間に備わる
「欲望・怒り・無知」
3つの心の働きのこと。

この「三毒」の火種をおもむくままに
放置すれば、家族や仕事、
大切な人からの信頼を失い、
人生を台無しにしてしまう。

『火渡り神事』は、燃え盛る炎を渡り、
実際の火の恐ろしさを体感し、
心の火「三毒」に巻かれない、
謙虚な心と姿勢に立ち返るための
伝統行事である。

詳しくはこちら

なぜ危険な火を渡るの?

火渡り神事とは

福厳寺に伝わる
秋葉三尺坊大権現の伝説

1434年、今から約580年前のこと、
静岡県春野にある秋葉山のふもとに
ある夫婦が住んでいました。

この夫婦は子どもに恵まれなかったため、
秋葉山へ毎夜12時に100日間願掛けをした結果、
ようやく1人の男の子に恵まれます。

この男の子が、福厳寺ご開山である
盛禅和尚(せいぜん)です。

詳しくはこちら

ご祈祷のご案内

詳しくはこちら